セラピスト

虐待、自閉症、貧乏、いじめ、借金、人間不信…
幼いころからの劣等感…「私、このままじゃダメだ。」
そんな私を変えたのは、義母からのある一言でした。



このホームページを訪問いただき、ありがとうございます。
フェアリーテマチルダ セラピスト 佐藤真知子です。
ここでは少し、私の過去のお恥ずかしいお話。
そして、なぜこのサロンの開業に至ったのかを
お話させて下さい。





「陰気で暗い子…あんたまるで“落ち武者”ね。」
その言葉が、その後の私の人生を支配しました。


私は、ここ北九州市で、
両親のもと長女として生まれました。

私は子供の頃に褒められた記憶がありません。


物心がついた頃には、母親は妹ばかりを可愛がり、
私は、幼い頃からずっと疎外感と劣等感を憶えながら育ちました。

粗相をすると毎日のように罰として、幼稚園や小学校から帰るとトイレに閉じ込められる日々。


掛け算ができないとベルトで叩かれたり、ハサミで髪の毛を切られるなど、
暴力で無理やり勉強させられることも多くありました。

私は恐怖のあまり、ますます計算が出来なくなり、それがさらに母の怒りを助長させました。

私の泣いている姿を見て、
「陰気で暗い子やね…まるで落ち武者みたい」と笑いました。

母の残したそんな数々の言葉…

鮮烈に記憶に刻まれ、一生消えることのない深い傷となり、
その言葉たちが、その後の私の人生を支配していきました。



私は母親からの体罰と恐怖で勉強はおろか、
自分に自信がなく、人と話すことや自分の気持ちを伝えることも
普通にできないような子供に育っていしまいました。


そんな私に追い打ちをかけるように、ご近所の大人たちからも
「あの子は陰気で暗い子やね」という言葉が耳に入り、
ますます人が怖くなりました。

そのためか、学校でも誰とも会話ができず、友達もいない…

私の友達は、
楽しい世界を見せてくれる本だけでした。


のちに大人になってわかったのは、
私は『選択制緘黙』という自閉症だったということでした。

言語能力があるにも関わらず、
極度の恐怖心と緊張感から、普通に会話することすらできず、
人との関わりを避けてしまう病気です。


世界から孤立し、
孤独と恐怖で押し潰されそうな毎日。

周りの子供たちのようにできない私は、ここでも疎外感と恐怖を感じ
心の中で「このままではダメになる!!」
子供心にそう思ったのでした。








「自分で変わろうとしなければ、だれも助けてくれない…」
私が中学生活に懸けた、たった1つだけの挑戦



小学校5年生になった頃
周りに馴染めず、学校の勉強にも全くついていけなかった私は、
「健常者としての進路は難しいのではないか…」
そんな話が学校側と親との間で交わされていたのを
薄々感じ取っていました。

「このままでは私、本当にダメになる…」
「とにかく変われるように頑張ってみよう!」

そう強く感じたのを覚えています。

そこから、
少しずつ自分を変える努力をはじめました。

なんとか、みんなと一緒の普通の中学校に上がった私。
中学から、みんな一斉にスタートする科目
「英語」にチャンスを見出し、その科目に懸けることにしたのです。

通知表はすべて1か2の評価ばかり…
だけど頑張った結果、英語だけは5の最高評価を得られるほどになったのです。

「こんな私でもやればできるんだ!」
はじめて自分に少し、自信が持てた瞬間でした。


とはいえ、基本的な人格は変わりません。
中学でも目立たない子。いるかいないかわからない子。
特に派閥の激しい女子中学生。

ある日からいじめの対象になり、
突然グループから完全シカト状態の日々。

それが卒業するまで続き、辛い日々を過ごしました。



しかし、英語の成績の一件以来、
私の内側は少し変化していました。


洋楽や好きなバンドに夢中になったり、
自分なりの楽しみ方を見つけていきました。

不器用ながらも、生きる強さを育んでいったのだと思います。







貧しくお金の問題で争いが耐えない家庭環境
そんな中で、私が求めたものとは



家は経済的なゆとりがなく
お金のことで両親の喧嘩は絶えませんでした。

小学校6年から、自分に必要なお金は新聞配達で稼ぐようになりました。

中学卒業後、貧乏だった家庭に大学への進学という道はなく、
「早く就職して!」と願う親の希望に沿い、商業高校に進学。
アルバイトに明け暮れる日々でした。

お金の問題で母は父との争いが絶えず、
外に働きに出るようになった母は、
職場の人とパチンコや麻雀などの悪い遊びを覚え、
明け方まで帰らず家庭環境はますます悪化。

そして、妹は家出。


私は殺伐とした家庭が面白くなく、ぬくもりを外に求めて、
同じような寂しい子たちが集まる場所に頻繁に行くようになりました。


世間からは、いわゆるグレて夜中徘徊する、不良というレッテルが貼られました。

同じ場所に来ていた男性の中の一人とお付き合いするようになにました。
当時、どこみも心の拠り所のない私にとって、彼と過ごす時間は楽しく、ささやかな幸せの一時でした。

そして、1年半ほどで妊娠が発覚。
それを機に結婚しました。

当時はまだ幼く、相手の本質を見極める目を持っていなかった私は、
再び波乱の人生が待っていることなど知るよしもありませんでした。






悪化する一方の義母との関係性
入院に追い込まれるほどに溜まっていくストレス


子供が出来てからは、
義母が孫に会いにほぼ毎日のように連絡もせずにやってきました。

それも必ず姑の妹達や友達など、何人もを引き連れて。

それがずっと続くと、

いつやってくるかわからずゆっくり休めないストレス。
どこかに出かけていても、
「会いに行ったのにいなかった」と嫌ごとをいわれるストレス。
何人もの大人数で押しかけてくることがストレスになり、
 
まだ未熟で寛大な気持ちを持てなかった私は、
その溜まりに溜まったストレスとうまく対処することができず、自律神経を病んでしまいました。

微熱が続き、動悸がして、ふらついて歩けなくなり、ついに入院することに…。

それから義母を避けるようになり、関係は悪化していきました。





「幸せな家庭を築きたい…」
打ち砕かれていく、そんな私のささやかな夢



幸せな結婚生活を送ることを夢見ていた私。
さらに追い打ちをかけるように、そんな私の夢は打ち砕かれていきます。

私が義母との関係に苦しんでいる中、
旦那は家庭的な人ではありませんでした。

子育てにも協力的ではなく、女性の影もチラホラ…
挙げ句の果てには、家庭を捨てて別の女性と一緒に家を出ていく始末。

義父の自営の建設業を継いだ旦那は、仕事ができず。
従業員は離れていき、そのうち仕事の依頼も来なくなりました。

それでも見栄張りで外面がよい旦那は、趣味の釣りやゴルフ、飲みにいくお金をサラ金で借りまくり、
会社の支払いのお金にまで手をつけるようになっていました。

また、旦那は自分に都合が悪いことを言うと、言葉よりも手が出る人でした。

私は、いつまた胸ぐらを掴まれ、叩かれたり、蹴られたりされるか怖くて
毎日ビクビクしながら過ごしていました。





食べるものがない… 保険料も払えない… 極限の貧しさ
裏切りと暴力による“男性不信” そして“人間不信”



収入の目途が立たず、保険料が払えず食べるものにも困る毎日。
保険証がなく、子供が病気をしても病院にも連れていけない…。

保険証が作れるところで働こう。
そう決意して、お給料が良かった消費者金融に就職しました。

私自身が寝食を忘れ、身を粉にして働かなければならない状況でした。

働きずくめで夜遅くに仕事から帰ると、
サラ金会社の取り立てが家の前で待っているような毎日。

それでも酒と女で働かない旦那。
勝手に保証人にされたり、サラ金の取り立てを私に支払わせるよう仕向ける旦那…。

私は頼る人もなく、身も心もボロボロになっていました。


とうとう支払いが滞り、裁判所から家財の差し押さえが入りました。

家財道具に赤紙を貼られ、洋服さえ取れない状況。
とても惨めでした…。

「もう このままではお互いが駄目になる…」
と限界を感じて離婚を決意して

3年後、調停にて離婚が成立しました。

その後、養育費の約束すら1度も果たされなかった。

「男なんて嘘つき」「信用ならない」「浮気をする生きもの」

そんな息子に「泥棒をしたらいけないから」とお金を渡すような、
息子を溺愛する義母。

今までの私の過去、私の家族…

「もう、誰も信用できない…」
“人間不信”へと陥っていったのです。






私を苦しめた義母からの思いがけない一言
その言葉で私の中におこった心境の変化



子供を育てる為、お金を貯める為
朝から夕方まで普通の事務よりもお給料が良かった消費者金融で働き、
帰ってご飯の支度をしたら、夜のバイトに行き夜中まで働く日々を過ごしていました。

「もう誰も信用できない…。頼れるのはお金だけ…」と思い働きずくめの日々。

周りの人がうらやましく思え、なぜわたしばかりこんな目に合うんだろう?

そんなことばかり考えていました。

相手を責めたり、自分を責めたり…自問自答の日々。
そんな中、出てきた答えがこれでした。
「過去と他人は変えられない。変えられるのは自分と未来だけ…」

義母とも色々ありましたが、
私から距離を縮めていこうと決心したのです。
それは、私が私を変えようとした最初の一歩でした。

その後、義母とは孫を連れて遊びに行くなど交流が続き、
自分から近づくことで、次第に関係が修復していました。


そして何年か経ったある日のこと
義母と二人きりになった時、彼女からぽそりと一言。


「真知子さん、あんたはいっぱい苦労したね、次は幸せになりなさいね」
思いがけない言葉でした。


気づくと前が見えないほどに涙が溢れていました。
こんなに嬉しく、心が震えたことはありませんでした。

なぜなら、
その言葉は義母としてではなく、一人の女性として心から発してくれた言葉だったから。
「一人の女性として私を認めてくれた」
そんな風に思えました。


この瞬間から、
私の中で大きな心境の変化が生まれました。



その頃の私は、
元夫に対しては心の中に許せない感情を持っていました。

恨んでいたのです。

不思議なもので、
その言葉を聞いた途端、随石のように硬くなっていた元夫への気持ちが、
すーっと溶けだし、溢れる涙と共に流れて行くのを感じました。

「ずっと元夫のことを恨んでいたけれど、いつまでもそこに気持ちを置いたままではいけない。
嫌なことは山ほどあったけれど 私にも悪いところはあったはず。」

そして、感謝することも沢山あったと気づきました。


「すべてを許そう」
そう思ったのです。


「男性は嘘つきで信用ならない生きもの」
「男性の力を借りなくても一人で生きていく」と誓っていた私…。

だけど、
「そんな考え方しか出来ない私ってなんて不幸なんだろう」

そしてなによりも、私は健康な体さえあれば働ける。 
それが一番ありがたいことで 感謝することではないのかと…。



義母とはそれからも交流は続き、後に亡くなりましたが、
今では感謝ばかりです。 

「もう一度会いたいな」と今でも思います。






「私が変わらなきゃ!」再び蘇るあの時の感情
そこから始まった様々な変化。そして希望



私の考え方が180度変わったことで様々な変化が起こり始めます。

その間もさまざまな試練は私に降りかかりました。
・昼夜休みなく働きすぎによる体力的な限界
・子どもの不登校
・“閃輝暗点”という病気の発症
とさまざまな困難はあったものも、
その度に気付きを得て、乗り越えることができました。

それは、私自身の考え方を変えることができたからだと思います。

そして、
その後、お付き合いした男性とご縁があり再婚することもできました。
子供を連れての再婚でしたが、それも含めて全て受け入れてくれる男性の懐の深さを知りました。
また、再婚を機に夜の仕事も辞めることができ、体力的にも楽になりました。

そして、今度は働いていた会社が買収され、昼の職も失うことに…
一見、悪い出来事のように思えますが、このことが人生の転機となりました。
この状況がまさに、私に新たな挑戦へのきっかけを与えてくれたのです。

「真知子さん、あんたはいっぱい苦労したね、次は幸せになりなさいね」
私の頭の中でリフレインする義母からの言葉。

「私は幸せになるために何がしたい?」
そう問いかけました。
今まではやりたいと思いつつも、生活のために諦らめていたもの。


それは、

それは“人を癒す”こと。
”ありがとう”って言ってもらえるお仕事でした。

そして選んだのが
女性を癒やし、美しくするエステの仕事。

私は夢中で勉強し、マッサージやエステの資格を取りました。

凄く楽しかった!

「仕事=辛い」と思い込んでいた私…。
人生でこんなにも楽しい仕事があるのだと知りました。。







右も左もわからないまま、自宅サロンからのスタート
直感的に「コレだ!」と確信した新たな“技術”との出会い



開業資金もなかったので、
自宅サロンからスタートしました。

初めはお客様もいないので、
自作のチラシをまいたり、知り合いに頭を下げて安く受けてもらったり、
とにかく多くの方に施術を受けてもらい経験を積みました。

人としゃべるのが苦手で、営業の経験なんてなかった私がです。

その頃は、サロン1本ではやっていけないので、
テレホンアポイントの仕事をしながらのダブルワークでした。

そんな日々の中、ネットを見ていると“小顔コルギ”という美容法が目に飛び込んできました。
そして、福岡ではまだ誰もやっていないという状況。

“小顔”は女性にとって強い憧れ。直感的に「コレだ!」と確信しました。

その日は興奮して寝れませんでした。


翌日、関西にあるスクールに連絡して申し込みました。

関西に何泊も泊まり込みで技術を習得。
それを50時間繰り返して講師資格をとりました。

そして、講師資格を取得するころには、
私自身がこの技術の高い効果に惚れ込んでいました。


この資格の取得を機に
北九州の一等地である、小倉駅近くにサロンを構えることに決めたのです。






疲労と不安やプレッシャーで押し潰されそうな毎日
そんな私を勇気づけ、支えてくれたのは“ある言葉”でした



そこからは怒涛の日々が訪れます。

もともとサロンで働いた経験もなく、
接客の勉強も、経営の勉強も、集客の勉強もしたことがない全てが手探り状態

また、
自宅サロンと違い、家賃や経費を捻出しなければ、一瞬で赤字が膨らんでしまします。

時間があればチラシを配り、高額な情報誌に掲載し、ホームページを作ったり、ブログを立ち上げたり…

どれも想像以上に大変なことばかり。
毎日が疲労と不安やプレッシャーとの戦いでした。


また、
過去のトラウマや対人恐怖症は100%治ったわけではなく、
お客様との会話もままなりません。

今思い返せば、赤面してしまうようなお粗末な応対だったと思います。

そのな私を支えてくれたのは

「すごく気持ちよかったよ!」
「身体がスッキリした!」
「すごく癒されたました!」
「顔のたるみが消えて若返りえった!」
「むくみがとれて顔がスッキリした!」
「あごのラインがシャープになって。目が大きくなった!」

少しづつ増える、お客様からの喜びの声。

そして、
「真知子さんのエステを受けて人生が変わったよ!」

そんな、感謝の言葉でした。


お客様からの「ありがとう」の言葉

その言葉だけで、心身の疲労は一瞬で吹き飛び、
私を勇気づけてくれ、やりがいと生きがいを与えてくれました。

そして気づけば一番長いお仕事になっていました。
本当にあっという間でした。

これは私の力なんかではなく、“おかげ様”。
心からそう思うことができました。

大好きな仕事に恵まれ、24時間仕事をしてもいいくらい
「この仕事が好きだ!」そう思いました。

好きなことでお仕事させていただける幸せ。
本当にありがたいことです。


すべてにおいて自信もなく、自己評価も低く、
他人とどう関わっていいかがわからない…。

今までほめられたこともなかったため、 
ほめられてもそれを素直に受け入れることすらできない私。

そんな、過去の人生に卑屈な感情しかなかった私が
今、“幸せ”だと感じられるのです。

このお仕事をすることで、
私の中に“感謝”が生れたのです。








あらゆる変化の中で私が気づいたこと。
そこから芽生えた、サロンに込めた信念と願い



その頃には、地域の施設からの講演の依頼など、
昔の自分だったら「絶対に無理!」と怖くて逃げていたようなことでも

「このお話が来たということは、もしかしたら成長できるチャンスかもしれない!
失敗してもいい、とにかくやってみよう!」

そんな風に前向きに考えられるようになりました。

そして、そのことが少しづつ自信につながっていく…。


人と話すことさえできなかったあの私が、
大勢の前でお話しをしているのですから…

不思議な感じです。


そして気づいたことがあります。

それは
「私自身が人生を選択していた」ということ。

人間不信だった私は、
私自身がそのような出会いや悪い環境を引き寄せていたのだと。


「私自身が変わらなきゃ!」
そう決意し、挑戦することを決めた私。

この仕事を通じて
“幸せ”と“感謝”を感じ得た私。


私が変わることで、
関わっていただく方々や環境がガラリと変わりました。

想像もしなかったようなチャンスが舞い込んできました。



「過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる」

今、そう心から確信しています。


そして、このサロンに込めた信念と願い。

お客様の癒しの時間、空間でありたい。
お顔や身体はもちろん、心まですっきりしたり、美しくなったり、
「明日からまた頑張ろう!」そんなふうに明るく前向きな気持ちになってくれたり、
人生に気づきが生まれたり、気持ちを切り替えられたり、
トラウマや過去の傷が解消されたり…

身体も心も“美しく”変われるサロン

美しくなれることきっかけに、
通うだけでお客様が“幸せ”に近づいていけるサロン。

そう、
『あなたの人生が輝き出すサロン』








こんな私だからこそ、
今、自信をもってあなたに伝えられること



私は、
このような“私の過去”の話を自らすることはほとんどありませんでした。

むしろ、そんな自分であったことを、できるだけ隠して生きていきたいと思っていました。


ある日のこと、
施術の後のアフターカウンセリングで、
お客様の深刻な悩みを相談されたことがありました。


気づくと、私は私自身の過去の話をしていました。

気の利いたアドバイスもしていません。
ただ、今回ここでお話したように、
私の今だから笑って話せる過去の話をしただけ。


それなのに
そのお客様の表情がどんどん変わっていったのです。

どんよりと曇っていた目が爛々と輝きだし、
表情が明るくなっていきました。

そして、
「私、真知子さんみたいになりたいです!真知子さんを目指します!」

これには思わず照れてしまいました。
まさかこんな反応がいただけるなんて、思ってもいませんでしたので…。



だけど、その時に感じたんです。

こんな私だからこそ、なにか伝えられること。
勇気づけてあげられることがあるのかもしれない。



そして、
これだけは自信を持って言えること。

“人は変われるということ”


私はまだ上手く話すことは苦手ですし、
天然の性格は治らず、はずかしい失敗は絶えません。笑

でも、
あの頃の私からすれば、ずいぶんと変わりました。



女性は美しくなり、5歳若く見られるだけで人生が輝き出します。

今抱えている、お顔や肌や体型の悩み
“美”に対してのコンプレックスを解消するだけで、人生を変えるきっかけになります。


お仕事も、家事も、お出かけすることも、洋服選びも、お化粧も、人に会うことも…
今まで当たり前のように思えていた日常ですら楽しく輝きだします。

それは、特別なことなんかじゃありません。


それは 本来「あなたらしい“あなた”」なのです。

そして、そんなあなたには、
また更に素晴らしい“出会い”や“”幸せ”が訪れる。


なぜなら、
“あなたらしさ”こそ、幸せを引き寄せる磁石だからです。



私は今まで
そのようなお客様をたくさん見てきました。


「あなたらしい“美しさ”を手に入れる」


勇気を出して一歩踏み出した時、あなたの人生は輝き始めます。


あなた自身が
“自分らしく、心から望む本質的な幸せ”を手に入れる

ささやかながらでも、そのお手伝いができれば嬉しく思います。


長文を最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。





フェアリーテマチルダ 佐藤 真知子





 

佐藤 真知子《プロフィール》


■福岡県初の「小顔コルギ」導入サロン
■「アジア骨気気功小顔協会」元認定サロン
 ※(※2017.6月「佐藤式」小顔メソッド確立の為、退会)
■美容サロン開業8年、小顔コルギ歴5年
■小顔コルギ 延べ施術人数1,800人以上(2017.5月現在)


【その他の資格】

・BBA MBC国際療法士取得 ・小顔術協会認定講師(※2017.6月「佐藤式」小顔メソッド確立の為、退会)
・ITA国際ワールドセラピストライセンス取得
・ICT ソフトコルギ ビダンコルギ オング認定
・BBA 北九州スクール 元講師
・3D腸セラピー 認定資格
・MLTEリンパマッサージ資格取得
・POLAフェイシャルエステディプロマ資格認定
・RTFヘッドマッサージ 資格取得
・温灸テラピー認定資格
・クンダリーニレイキ.アチューメント認定


【地域貢献活動】
各施設や学校・幼稚園からのご依頼を受け、
“リンパマッサージ”や”腸内セラピー”など、
“美と健康”に関する講座の講師をさせていただいております。

・小倉北市民センター 講座
・高見市民センター 講座
・槻田市民センター 講座
・到津市民センター 講座
・守恒市民センター 講座(2017.7月予定)
・到津小学校(母親学級講座)
・足立幼稚園(母親学級講座)
・親子ふれあいセンター 講座



ご予約・お問い合わせは[こちら]

[HOME]へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加