やりたいことはスイーツボランティア

昨年から始めたスイーツボランティア

なに、それ?…ですよね。

私は小さい頃 自分の家があまり裕福ではなかったんです。

昔は駄菓子屋さんが近所にあり

お小遣いをもらって お菓子を買いに行く時 みんなよりも お小遣いが少なく

自分より多くお菓子を買える人を

羨ましく思っていました。

ベビースターラーメンが大好きで

でもそんなに買えなくて、

ベビースターラーメンを

思う存分食べさせてくれる

お金持ちのところに養女に行きたい!

などと思っていたのでした。

なので 駄菓子以外の高級なお菓子を口にすることなく育ちました。

ある日のこといただきものの

高級なお菓子を食べた時のこと。

「わ〜っ、なんて美味しいお菓子なんだ!」

口にしたら 幸せを感じて、感動して 世の中にはこんな美味しいお菓子があるんだ!と思ったんです。

で、児童養護施設の子供たちのことを思い出し、施設にいる子供たちも

高級なお菓子を口にする機会ってあまりないんじゃないかな?

私に余裕が出来たら

私が感動を覚えたような美味しいお菓子を児童養護施設の子供達に食べてもらいたい!

その為にもお仕事頑張って

たくさんの施設に美味しいお菓子を届けたい!

と思ったんです。

そして

夢は昨年に現実のものになりました!

北九州には6つの施設があり

まずは門司にある 門司が関学園に

シュレックのシュークリームを届けることが出来ました!

シュレックはシュークリームが美味しいと評判の店です。

初めていく施設。

のどかなところにありました。

子供達がグランドでサッカーをして遊んでいました。

見ていると 子供から「こんにちは」

って声を掛けてくれる。

礼儀正しくて 良い子たちだ。

無事 約70個を寄付してきました。

そして、今年は…

知り合いを通じて知った

素材にこだわった手作りスィーツを

作っていらっしゃる 太田 智美さんにお願いして

丁度 八幡西区にある児童養護施設

聖小崎ホームで行われる

ハロウィンパーティーのイベントに

ボランティアで参加させてもらう

タイミングでカボチャのカップケーキを作っていただき

それをハロウィンパーティーに持っていき

子供達に食べてもらいました。

「トリックオアトリート」そう言って子供達がお菓子をもらいにきました。

私はその日はハロウィンにちなんだ

衣装を着て ゲームのボランティアをさせていただきましたー。

可愛いい子供達と触れあえて

楽しい楽しい時間を過ごしました。

来年もまた美味しいお菓子を届けることができるようにお仕事頑張りたい!

そう心より思います。

そして…実は この事は最初は誰にも言わずに内緒でするつもりだったんです。

だけど ある日 「私ひとりでするよりも呼びかけをして、共感してもらって 一人でも多くの人に参加してもらったほうが沢山のお菓子を届けることができる」と思ったのです。

来年からは 協賛者を募り 共感して頂いた方々と一緒に活動出来たらいいなと思っています。

頑張るぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA